デッケルマウントレンズ用アダプタ
(voigtlanderやkodak retinaのデッケルマウントレンズを各種ボディに取り付け)


フジXマウントボディ用、ライカMマウントボディ用が新発売になりました。






【内面反射対策】
アダプターが原因となる内面反射を極力少なくするため、
遮光板を取り付けたり内壁の処理に気を使っています。


写真 : DKL-FX




【絞り操作】
アダプターの絞り操作リングにて絞り操作がおこなえます。
絞り値毎にクリックがありブラケット撮影に有利です。

F2の隣に1.9用のクリックがあり、レチナクセノン50mmF1.9等でも開放撮影が可能です。





 
DKL-LM
ライカMマウント用
※1
 
DKL-SαE
ソニーEマウント用

 
DKL-FX
フジXマウント用

 
DKL-M4/3
マイクロ4/3マウント用

 
DKL-EOS
キヤノンEFマウント用
※2
 
DKL-NF
ニコンFマウント用
※2
 
DKL-PK
ペンタックスKマウント用
※2
 
DKL-M42
M42マウント用
※2
 DKL-MA
ミノルタα、sony α
マウント用

【欠品中】


各 定価 35,640円(税込) 

  
RAYQUAL 直販価格 26,250円(税込)


※1 ライカMマウントボディで本アダプターを使用した場合、距離計は連動しません。
ライブビュー機能のついたボディでの使用が前提になります。

※2 一眼レフボディ用では、ピントリングが無限遠近くでミラー干渉
(レンズの後端とカメラのミラーが接触)する可能性があります。
一眼レフボディ用のご購入を検討のお客様は、宮本製作所までお問合せください。
APSセンサーの一眼レフデジタルカメラでは干渉の可能性がかなり低くなります。






作例写真



DKL-SαE 使用 Retina-Xenon 50mmF1.9 ボディ:Sony α7U





DKL-SαE 使用 Retina-Xenon 50mmF1.9 ボディ:Sony α7U





DKL-SαE 使用 Retina-Xenon 50mmF1.9 ボディ:Sony α7U





DKL-SαE 使用 Retina-Xenon 50mmF1.9 ボディ:Sony α7U






DKL-FX 使用 Tele-Xenar 135mmF4 ボディ:FUJI X-H1





DKL-FX 使用 Tele-Xenar 135mmF4 ボディ:FUJI X-H1





DKL-FX 使用 Tele-Xenar 135mmF4 ボディ:FUJI X-H1





DKL-FX 使用 Tele-Xenar 135mmF4 ボディ:FUJI X-H1




トップ アイコントップページへもどる