L-M リング (バヨネットリング)
(LeicaスクリューレンズをM ボディに取り付け)

L-M リングは、厚さが高精度で1.00mmになっているのが理想です。
(1.00mm = LマウントとMマウントのフランジバック差)
厚さ誤差は、レンジファインダーの距離計連動精度に影響を与えます。
ライカ以外のミラーレスカメラに二段付けして使用する場合も距離目盛精度に影響します。

RAYQUAL製 L-M リングは、厚さ精度を1.00mmに対し高精度で製作しているので
距離計や距離目盛を活かした撮影が可能です。

また、レンズやカメラボディに取り付ける際の装着感も純正の組み合わせに近い感触で
装着、脱着できるように製作しています。



L-Mリング 半欠きタイプ (ブラック)はこちら

L-Mリング 半欠きタイプ (シルバー)はこちら

お買い得 旧タイプL-Mリング(丸形)はこちら




トップ アイコントップページへ