レンズ改造をご希望のお客様へ

現在、新規レンズ改造の受付は休止させていただいております。
(受付再開はこのページでご案内させていただきます)




PK-EOS
(ペンタックスKレンズをEOSボディに取り付け)

価格改訂いたしました。2012 4月

直線上に配置


 
今までPKレンズをEOSボディにというアダプタはフランジバックの寸法から作れるのでは?と言う問い合わせは数多くありましたが、実際にはレンズの絞り機構とミラーボックスの干渉の問題で製造は見送られていました。
 しかし、EOS KissD系やEOS-20D〜60D,EOS7DなどのEF-Sマウントを採用したデジタルボディではこのアダプターは問題なく使用可能です。

 また、その他のデジタルEOSや銀塩EOSでもレンズの絞りレバー周りを改造することで使用可能になる事が判りました。
なお、改造したPKレンズは元のペンタックスボディで使用しても通常通り使用可能です。


※ただし、EOS-D30,D60,10Dには対応いたしません。


新価格:13,650(税込み)

レンズ改造:1本あたり4,725円(税込み)


※  SMC PENTAX−A 15mmF3.5
   SMC PENTAX−A 20mmF2.8
   SMC PENTAX−FA 28mmF2.8 soft 
   SMC PENTAX−FA 28mmF2.8AL

   を使用する場合ヘリコイドを無限遠近くにするとミラーと干渉する場合があります。
    この干渉をなくす為に後玉の押え環を加工する改造を行うことが
    できます。 改造工賃 14,700円(通常改造工賃込み)


 SMC PENTAX−A 15mmF3.5は改造後でもEOS−5Dでは無限撮影不可



レンズ改造後(左)とレンズ改造前(右)

レンズ改造は絞りレバーの曲げ加工と先端の斜めカット
及び絞りレバー横のガードを切り取ります。
レバーの曲げ角度が微妙で曲げすぎるとミラーと干渉し、
足りないとミラーボックスと干渉します。

直線上に配置


トップ アイコンアダプタトップページへ