Leica M ボディ用マウントアダプター
(各種一眼レンズをLeicaMマウントボディに取り付け 距離計3m固定連動タイプ)

直線上に配置


Leica M10 M(Typ 240) M(Typ 246) での動作確認取れました



Leica M10 M(Typ 240) 対応品のアダプタ



Leica M10やM(Typ 240)でのLV(ライブビュー)撮影に対応しています。
(弊社旧型や未対応アダプタでは、レンズ検出をOFFにすればLVは使えます)

ただ、レンズ検出をOFFにしてしまうと6bitコード付きのレンズとの併用には不向きです。
レンズ検出を戻し忘れてしまうことに注意が必要です。


M(Typ 240) の場合
レンズ検出OFFのまま、6bitレンズを付ける --> レンズ検出なし
レンズ検出マニュアルで、6bitレンズを付ける --> マニュアル設定のレンズ情報のまま(自動復帰しない)


M10の場合
レンズ検出OFFのまま、6bitレンズを付ける --> レンズ検出なし
レンズ検出マニュアルM or Rのまま、6bitレンズを付ける --> レンズ検出オートに自動復帰
レンズ検出、自動復帰後、LV未対応アダプタを使用--> レンズ検出OFFの再設定必要


結論として、6bit コード付きレンズとの併用ではLV対応アダプターを使用し、レンズ検出を『オート』にするのがお勧めです。

※ 2017年3月時点 ファームは M10 1.3.4.0   Typ240 2.0.3.0





 各種一眼レンズをライカ Mマウントボディに取り付けるアダプターです。

リコーGXR Mマウントユニットにもご使用頂けます


※ブライトフレーム枠は50・75mm固定になります


従来の目測(距離計非連動)タイプを
距離計3m固定連動とすることで
ピント合わせの精度向上とフレーミングを容易にしました。
カメラと被写体の距離が3m時にファインダー内の2重像が一致します。
(被写体までの3mが正確に測れます)
この時、レンズのピントリングを3mに合わせればピント合わせが完了です。

レンズのピント合わせは3mを基準に目測で行う形になります。
システムの性格上使用するレンズの焦点距離は50mm以下をおすすめいたすます


NF-LM : ニコン Fマウントレンズ用



M42-LM : M42マウントレンズ用



NF-LM.T : ニコン Fマウントレンズ用 (三脚座付きタイプ) 




標準タイプ (三脚座無しタイプ)

CFD-LM : ヤノン FDマウントレンズ用
NF-LM :
ニコン Fマウントレンズ用 (※1)
OM-LM
オリンパス OMマウントレンズ用
LR-LM
イカ Rマウントレンズ用
CY-LM コンタックス・ヤシカマウントレンズ用
PK-LM
ペンタックス Kマウントレンズ用 (※1)
EXA/TOP-LM :
エギザクタマウントレンズ用(トプコンレンズも使用可能)
MD-LM :
ミノルタ MDマウントレンズ用
NEW KAR-LM :
コニカ ARマウントレンズ用

 各 定価 23,760(税込)  
 特別価格 15,750円
(税込)




M42-LM : M42マウントレンズ用

 定価 15,120
(税込)  
 特別価格 10,500円
(税込)




三脚座付きタイプ (TYPE TRIPOD)

CFD-LM.T : キヤノン FDマウントレンズ用
NF-LM.T :
ニコン Fマウントレンズ用 (※1)
OM-LM.T :
オリンパス OMマウントレンズ用
LR-LM
.T : ライカ Rマウントレンズ用
CY-LM.T
コンタックス・ヤシカ マウントレンズ用
PK-LM.T :
ペンタックス Kマウントレンズ用 (※1)
EXA/TOP-LM.T :
エギザクタマウントレンズ用(トプコンレンズも使用可能)

各 定価 26,568
(税込)
   特別価格 17,500円
(税込)



(※1)使用可能なレンズはレンズ単体で絞り操作が可能なレンズに限ります。
(ニコンGタイプや ペンタックスDAレンズ等は不可です)


注意:レンズによっては無限遠の精度がずれている場合があります。(レンズの製造誤差)
より高精度のピントで撮影するためにはレンズの調整が必要になる場合があります。







ご注文の際にはレンズ側マウントとボディ側のマウントをお知らせください。



トップ アイコントップページへもどる